now is modern browser

閉じる

/ /

ヒップホップチェーンの種類と選び方、組み合わせのコツ!

Sep 25,2018 | Suilong Ding

ヒップホップアクセサリーの中でも代表的なアイテムはチェーンネックレス。ひと口にチェーンネックレスといっても、長さや素材によってさまざまな種類がありますよね。今回はチェーンの選び方、種類や使い方をご紹介します。ペンダントにピッタリのチェーンを選びに、ぜひ役立ててください。

ネックレスチェーンの種類は15種類以上ある。

以下トレンドのヒップホップチェーンをご紹介します。

ネックレスはもちろん、ブレスレットやアンクレットでもチェーンの見える範囲は多いですよね。

そのため、チェーンを変えれば、ジュエリーの印象もまた、がらりと変わるというわけです。

今回はヒップホップジュエリーに代表的なチェーンの種類についてご説明しましょう。

・キューバンチェーン

・テニスチェーン

・フランコチェーン

・ロープチェーン

キューバンチェーン、いわゆる喜平チェーン

今ヒップホップファッション界で一番人気のアイテム。極太のネックレスが主流になったことからヒップホップジュエリー業界ではのキューバンチェーンネックレスが人気となっています。チェーンの基本形のひとつ。小豆チェーンの輪を90度ひねって、叩いて平らにしたもの。輪に作られた平らの面の数によって、2面・6面・8面の喜平チェーンがあります。単品としてつけてもオッケーですが、今ペンダントと組み合わせすることがトレンドになっています。

ヒップホップアクセサリー

KRKC&CO ホワイトゴールドバブルイニシャルペンダントネックレス

テニスチェーン

みなさんは、テニスネックレスやテニスブレスレットについてご存知でしょうか。

テニスネックレスやテニスブレスレットも、人気があるダイヤモンドジュエリーのひとつです。これまでに、テニスブレスレットはシンプルな気品を持つ、繊細かつ耐久性の高いジュエルであることから、多くの女性のジュエリーボックスになくてはならない品となっています。 でも近年ヒップホップファッションアイテムとして不可欠な存在になりました。

テニスチェーン

KRKC&CO 14kゴールドテニスネックレス・ブレスレットセット

いくつかの種類のチェーンを取り揃えておけば、ペンダントトップは同じでも、雰囲気を全く変えることができます。

チェーンの基本的なルール

太さ

極細
小さめのペンダントトップとの組み合わせが最適。ごく小さなペンダントトップなら、何個か並べてつけても可憐な雰囲気にまとまります。また長さや太さの違う、ネックレスと組み合わせると胸元に華やかさが加わります。

細め
オフィスやカジュアルシーンとともに相性のいいタイプです。常時服の内側につけておくネックレスにするなど、普段使いにも適した太さです。どんなアクセサリーとも組み合わせやすいので、 気軽にトータルコーディネートができます。

ヒップホップジュエリー

KRKC&COジュエリー

太め
大き目のペンダントトップとのバランスがとりやすい、やや太目のネックレス。あずきチェーンやボールチェーンなど、ネックレスのデザインで、ペンダントトップをつけなくても印象的な胸元を彩るタイプも多くあります。

極太
ネックレスをメインにしたオシャレが楽しめる、存在感のある太さ。かなり太いタイプを身につけるときは、首周りのゆとりと洋服のえりの形とのバランスを全身鏡でチェックして、鏡で自分に適したネックレスか、首の太さとのバランスをチェックしてみましょう。

キューバンチェーン

KRKC&COキューバンチェーンネックレス

ネックレスチェーンひとつとっても、これだけの呼称や種類などがあります。しかも一つひとつに特徴があり、マッチするシーンも異なります。上記を参考にしながら、自分に合ったヒップホップネックレスチェーンを選んでみましょう。

 

 

コメントを投稿

名前
メールアドレス
コメント